上映 MOVIES

SUB MENU

私の20世紀

上映中~4月26日(金)

日時

上映中~4月26日(金)

料金

一般¥1,800/ユース(22歳以下)¥1,500/シニア¥1,100/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK会員¥1,000(土日祝¥1,300/ユース(22歳以下)会員はいつでも¥1,000)

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

04.24

  • 私の20世紀

    12:10—14:03

    【水曜サービスデー 一律¥1,100】

    販売終了

04.25

04.26

詳細 DETAIL

『心と体と』エニェディ監督のデビュー長編にして最高傑作!

2017年ベルリン国際映画祭金熊賞〈最高賞〉受賞、2018年アカデミー賞®外国語映画賞ノミネート作『心と体と』で注目されたハンガリーの鬼才イルディコー・エニェディ。彼女の伝説的デビュー長編『私の20世紀』が4Kレストア版として公開される。本作は1989年カンヌ国際映画祭でカメラドール〈新人監督賞〉を受賞し、世界的に注目を浴びた。物語は19世紀末から20世紀の始まりを双子の姉妹とともに辿る。マッチから電球へ、ロバから汽車へ、伝書鳩から電報へ。夢のような技術の発展とともに人間は何を失ったのか。ポーランド人女優ドロタ・セグダが双子とその母の3役を、『鏡』『ノスタルジア』などタルコフスキー作品でお馴染みのオレーグ・ヤンコフスキーが謎めいた男Zを演じている。

怒涛の20世紀の幕開けをつげる奇跡の映画が、21世紀の今蘇る!

【STORY】
1880年、アメリカ・メンローパークのエジソン研究所では、エジソンが発明した白熱電球のお披露目に沸き立っていた。時を同じくして、ハンガリー・ブダペストでは双子の姉妹が誕生した。リリ、ドーラと名付けられた双子は孤児となり路上でマッチ売りをしていた。クリスマスイブの夜、彼女たちは通りかかった二人の紳士に別々にもらわれていった。

やがて時は流れ、1900年の大晦日、気弱な革命家となったリリと華麗な詐欺師となったドーラは偶然オリエント急行に乗り合わせた。リリは同志から渡された伝書鳩を大事に抱えながら、満員の車両で不安に過ごし、ドーラは食堂車で豪華な食事を楽しみ男達を弄んでいた。

ブダペストで降りた双子は、世界中を飛び回る謎めいた男性Zと出会う。男性慣れしていないリリは図書館で目が合ったZに惹かれ、帰り道を共に歩き、動物園にデートへ出かける。一方、ドーラは豪華客船で一夜の遊び相手としてZに目をつける。Zは彼女たちを同一人物と思い込み二人に恋をするのだが…。

『私の20世紀』
(1989年/ハンガリー・西ドイツ合作/モノクロ/102分/R15+)
出演:ドロタ・セグダ、オレーグ・ヤンコフスキー、パウルス・マンカー、ペーター・アンドライ、ガーボル・マーテー
監督・脚本:イルディコー・エニェディ
製作:ノルベルト・フリオドラオデル
撮影:ティボォール・マテ
美術:ゾルタン・ラバス

※当劇場では2Kで上映いたします。