上映 MOVIES

SUB MENU

カンパイ!日本酒に恋した女たち

4月27日(土)~公開

日時

4月27日(土)~公開

料金

一般¥1,800/ユース(22歳以下)¥1,500/シニア¥1,100/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK会員¥1,000(土日祝¥1,300/ユース(22歳以下)会員はいつでも¥1,000)

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

05.01

詳細 DETAIL

日本酒の未来を切り拓く3人の女性たちを描く、
自分らしく生きる勇気を与えてくれる感動ドキュメンタリー

『カンパイ!世界が恋する日本酒』の小西未来監督が贈る、日本酒ドキュメンタリー映画第二弾! 今回は、日本酒の世界で活躍する女性たちのストーリー!前作『カンパイ!世界が恋する日本酒』は、2015年のサンセバスチャン国際映画祭でワールドプレミアを迎え、その後も東京国際映画祭、ハワイ国際映画祭など国内外数々の映画祭で上映された。日本では全国劇場上映、海外でも13カ国で上映・配信。それから三年後、魅力溢れる日本酒の世界の新たな時代を象徴する一面に、映画ジャーナリストとして長年ハリウッド映画業界の最前線で活躍する小西未来が切り込む。長らく「女人禁制」と言われてきた日本酒の世界。そんな伝統的かつミステリアスな世界で新しい世代の女性たちが輝く姿を通じて、日本酒の世界の魅力を再発見するだけでなく、観る者たちに今を生きる勇気と、さわやかな感動を与えてくれるドキュメンタリーだ。

もっと自由に、もっと楽しく―。これは日本酒に魅せられた女たちの物語。

かつて酒蔵は女人禁制といわれており、女性が酒造りに関わることは許されていなかった。しかし近年、日本酒の世界が日々進化を続けるなかで、今では蔵元や杜氏からPR、接客に至るまで日本酒業界のあらゆる側面で女性の活躍が目覚ましい。2015年に日本酒の世界に生きるアウトサイダーを描き、世界十数ヶ国で公開された『カンパイ!世界が恋する日本酒』に続く、今作『カンパイ!日本酒に恋した女たち』は、その名の通り日本酒の世界で活躍する三人の女性先駆者たちに迫る。広島に百年以上続く酒蔵を酒造りごと継いだ女性杜氏、日本酒の魅力を世界へと発信するニュージーランド出身の日本酒コンサルタント、そして多彩なフードペアリングで日本酒の世界に新たな旋風を吹き起こしている日本酒ソムリエ。生き生きと日本酒の世界で躍動する女性たちのストーリーを追うことで、伝統ある日本酒の世界の、新しい時代の到来を目の当たりにすることができる。

『カンパイ!日本酒に恋した女たち』
(2019年/アメリカ・日本/英語・日本語/カラー/1:1.78ビスタ/サウンド5.1ch/96分)
出演:今田美穂、千葉麻里絵、レベッカ・ウィルソンライ
神吉佳奈子、ジョン・ゴントナー、久慈浩介、 木村康司
生江史伸、リッチー・ホウティン、 池田健司(土佐鶴酒造)
今田之直(今田酒造本店)、今村友香(若波酒造)
薄井一樹(せんきん)、大西唯克(木屋正酒造)
金光秀起(金光酒造)、栗林直章(栗林酒造店)
小林忠彦(秋田醸造)、小林正樹(小林酒造)
坂田賀昭(美和桜酒造)、佐藤祐輔(新政酒造)
田村誠(南部美人)、土井鉄也(宝剣酒造)
山本友文(山本合名会社)、渡邉康衛(福禄寿酒造
監督・編集:小西未来
プロデューサー:柳本千晶、小西未来
エグゼクティブ・プロデューサー:駒井尚文、スージュン、毛山薫、有賀祥一
共同プロデューサー:藤塚信二、藤塚渉
撮影:猪本雅三、小西未来
音楽:スティーブン・ヴィーンス
録音・整音:伊藤裕規
配給:シンカ
製作:KAMPAI!製作委員会
制作:Wagamama Media
後援:日本酒輸出協会
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)、独立行政法人日本芸術文化振興会