上映 MOVIES

SUB MENU

英雄は嘘がお好き

上映中~11月7日(木)

(c)JD PROD - LES FILMS SUR MESURE - STUDIOCANAL - FRANCE 3 CINEMA - GV PROD

日時

上映中~11月7日(木)

料金

一般¥1,900/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳) ¥1,000/シニア(60歳以上)¥1,200/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK会員¥1,000(土日祝¥1,300)/UPLINKユース会員(22歳以下)いつでも¥1,000

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

10.22

10.23

  • 英雄は嘘がお好き

    09:40—11:17

    【予告6分】【水曜サービスデー 一律¥1,200】

    購入する

    11:40—13:17

    【予告6分】【水曜サービスデー 一律¥1,200】

    購入する

    16:30—18:11

    【予告10分】【水曜サービスデー 一律¥1,200】

    購入する

    20:15—21:56

    【予告10分】【水曜サービスデー 一律¥1,200】

    購入する

10.24

詳細 DETAIL

『アーティスト』のプロデューサーが贈る、豪華絢爛なロマンティック・コメディ!

1809年のフランス・ブルゴーニュを舞台に、『おとなの恋の測り方』に続いてローラン・ティラール監督との再タッグを果たしたオスカー俳優ジャン・デュジャルダンと、コメディ初挑戦のメラニー・ロラン、二大スターの夢の共演。

主演は『アーティスト』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したジャン・デュジャルダン。コメディ畑出身者らしく、人を食ったような飄々とした顔でチャーミングに嘘を並べる主人公の英雄を好演している。ヒロインは『イングロリアス・バスターズ』『オーケストラ!』のメラニー・ロラン。近年、映画監督としても活躍する多才な彼女が、初挑戦とは思えないほどの振り切ったコメディエンヌぶりを発揮し、表情の七変化で終始飽きさせない。実際のお城でのロケーション、オリジナル衣装の美しさも大きな見どころのひとつとなっている、豪華絢爛なロマンティック・コメディが誕生した!

【STORY】
1809年、フランス。ブルゴーニュに住むボーグラン家の人々は、次女・ポリーヌの縁談がまとまり大喜びしていた。だがその婚約者のヌヴィル大尉は戦争へ駆り出されてしまう。必ず手紙を書くと約束したにも関わらず、待てど暮らせど戦地からはなんの音沙汰もない。傷心のポリーヌは、とうとう病に臥せってしまう。心配した長女のエリザベットは、大尉のふりをして自身で書いた手紙を妹に届けることに。手紙のおかげでポリーヌは回復するが、調子に乗ったエリザベットはヌヴィル大尉の活躍話を次々とでっち上げ、最後は「勇敢に戦って戦死した」ことにしてしまう。
手紙の英雄譚は「英雄・ヌヴィルの銅像」まで建てられるのだった。それから 3年。エリザベットはある日、街を歩くヌヴィルと思しき人物を偶然見かける。以前とは打って変わって貧相な姿になった彼を見て、自分がついた大きな嘘がバレることを危惧しお金を渡して街から離れるよう懇願するエリザベット。しかしその翌日、なんと以前のように華やかに正装したヌヴィルが颯爽と現れたから、さあ大変。かつての恋人の帰還にときめくポリーヌ、噂の英雄に近づこうとする社交界の人々。ヌヴィルはエリザベットの創作した偉大なる英雄という立場を利用し、新たな人生に一花咲かせようと目論むのだった…。

『英雄は嘘がお好き』 (2017年/フランス/91分/シネスコ/カラー/日本語字幕:星加実/原題:Return of the Hero)
監督・脚本:ローラン・ティラール
出演:ジャン・デュジャルダン、メラニー・ロラン、ノエミ・メルラン、クリストフ・モンテネーズ、フェオドール・アトキン
配給:松竹
後援:フランス大使館/アンスティチュフランセ日本