上映 MOVIES

SUB MENU

ホドロフスキーのサイコマジック 

6月12日(金)公開

日時

6月12日(金)公開

料金

一般¥1,900/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳) ¥1,000/シニア(60歳以上)¥1,200/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK会員¥1,000(土日祝¥1,300)/UPLINKユース会員(22歳以下)いつでも¥1,000

詳細 DETAIL

全国の映画館を支援できる「オンライン先行上映」実施中

公開が延期となった映画『ホドロフスキーのサイコマジック』を本来の公開日4月24日(金)より、アップリンクの運営するオンライン映画館「アップリンク・クラウド」にて先行配信いたします。

今回の先行配信は、映画館への支援としてオンライン映画館での売上から、本作の上映を予定している全国の映画館へ均等に分配します。 通常プラン1,900円と、寄付込みプラン2,500円をご用意しました。いずれも72時間レンタルとなっております。

期間:2020年4月24日(金)14:00~6月11日(木)14:00

▶レンタルはこちら◀


言葉を超越した癒し 究極の映画体験——
91 歳、アレハンドロ・ホドロフスキー監督の集大成。

これまで創り上げてきた作品が、いかに“サイコマジック”であったかを証明する。

「サイコマジック」とはホドロフスキーが考案した心理療法である。本作では自身のこれまでの作品での映像表現が、いかに「サイコマジック」という技法によって貫かれているかを解き明かしていく。実際にホドロフスキーのもとに悩み相談に訪れた10 組の人々が出演し、「サイコマジック」がどのように実践され、作用しているのかを描く。ホドロフスキーは、自身をフロイトと対置した上で、「サイコマジック」は科学が基礎とされる精神分析的なセラピーではなく、アートとしてのアプローチから生まれたセラピーであると語る。長年にわたり個人のトラウマに応答する一方、本作後半で社会的な実践「ソーシャル・サイコマジック」を展開する様子は圧巻!

私にとっては、サイコマジックはアートである。
惜しみなく与えることは歓びのためにやっているんだ。
私は、グルでもないし、医者でもない。アーティストだ。
アートで人を癒すことができると証明しようとしているんだ。
—— アレハンドロ・ホドロフスキー

『ホドロフスキーのサイコマジック』(2019年/フランス/104分/フランス語、スペイン語、英語/1:1.85/5.1ch)
監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
出演:アレハンドロ・ホドロフスキー、アルチュール・アッシュほか
配給:アップリンク