上映 MOVIES

SUB MENU

もったいないキッチン

上映中

日時

上映中

料金

一般¥1,900/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳) ¥1,000/シニア(60歳以上)¥1,200/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINKユース会員(22歳以下)いつでも¥1,000

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

08.11

08.12

08.13

詳細 DETAIL

\来場者特典決定!/

8/8(土)コースター4枚セット 30名様
ファッション業界から食品廃棄物を再活用するプロジェクト「FOOD TEXTILE」による、廃棄予定のブルーベリーと柿から抽出した色で染め上げたコースター4枚セット

8/9(日)お箸・箸袋セット 50名様
地球環境に負担をかけないライフスタイルを広め、持続可能な循環型社会の構築を目指すため、世界のアイコトバ「MOTTAINAI」を広めるMOTTAINAIキャンペーン。
マイ箸をはじめるきっかけになる、お箸・箸袋セット

8/10(月)~自家採種したルッコラのタネ 100名様
映画『もったいないキッチン』×野菜を育てる輪を広げる、スマホアプリ「grow GO」
特別コラボ・自家採種したルッコラのタネ


※上映1回目:字幕版、上映2回目:吹替版(ダーヴィド・グロス役:斎藤工)での上映となります。

捨てないで、おいしい料理を!

日本各地をキッチンカーで巡りサスティナブルな未来のヒントを探るロードムービー

食のもったいないを美味しく楽しく解決!
舞台は「もったいない精神」発祥の地、日本。

日本では年間643万トンもの食料が廃棄され、食品ロスは世界トップクラス。監督のダーヴィドは、この現実を嘆く代わりに、どうしたら食品ロスをなくし、持続可能な世界に転換できるのかを探るため、オリジナル・キッチンカーで日本全国を巡る旅に出た。

世界で生産される食料の3分の1は食べられることなく廃棄されている。この現実を変えるため、廃棄食材を使って独創的なオリジナルレシピを考案するという活動をヨーロッパで続けてきたフードアクティビストで映画監督のダーヴィド・グロスが日本にやって来た。日本でも年間643万トンものまだ食べられる食料が廃棄されており、この量は世界の食料援助量の約1.6倍で、残念ながら日本の食品ロスは世界トップクラだ。「もったいない精神」発祥の地、日本でなぜこんなに食品ロスがあるのだろう?

ダーヴィドはこの現実を嘆くかわりに、どうしたら食品ロスをなくし、持続可能な世界に転換できるのかを探るため、旅のパートナーのニキと一緒にリユース材で作ったオリジナル・キッチンカーで日本全国を巡る4週間の旅に出る。そして、各地で出会ったシェフ達と捨てられてしまう運命の食材を使って、おいしい料理を振る舞っていく。果たしてダーヴィドとニキは、持続可能な未来のために、どんな「もったいない」アイデアを発見するのだろうか?「もったいないキッチン」の旅がスタートする!

『もったいないキッチン』(2020年/95分/日本/日本語・英語・ドイツ語)
監督・脚本:ダーヴィド・グロス
プロデューサー:関根 健次
出演:ダーヴィド・グロス、塚本ニキ、井出留美、髙橋巧一、高橋健太、涌井和広、青江覚峰、関藤竜也、伊藤洋彰、ソウダルア、天人 純、岩元 美智彦、白石長利、宮本憲枝、玉田直子、萩春朋、真珠まりこ、若杉友子、篠原祐太、後藤幸夫、辛嶋照美、渡邉格、たいら 由以子、たかはしかよこ、瀨﨑祐介、横田岳
日本語吹き替え版:斎藤工(ダーヴィド・グロス役)
制作・配給:ユナイテッドピープル
配給協力・宣伝:クレストインターナショナル
提供:クックパッド株式会社