上映 MOVIES

SUB MENU

藁にもすがる獣たち 

2月19日(金)公開

Copyright © 2020 MegaboxJoongAng PLUS M & B.A. ENTERTAINMENT CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED. ©曽根圭介/講談社

日時

2月19日(金)公開

料金

一般¥1,900/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳) ¥1,000/シニア(60歳以上)¥1,200/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINKユース会員(22歳以下)いつでも¥1,000

リンク

詳細 DETAIL

最後に笑うのは誰だ!?

ロッカーに忘れられたバッグ、それがすべての始まりだった——
大金を巡り、豪華キャストが衝突する至高のサスペンス

本国NO.1大ヒット!
日本の傑作犯罪小説を韓国映画界を代表する豪華キャスト&スタッフにより映画化

原作は曽根圭介による同名の犯罪小説。金に取り憑かれ、欲望をむき出しにした人々が激しくぶつかり合う様を描いた本作を、『犯罪都市』『悪人伝』の製作陣が韓国映画界を代表する豪華キャストにより映画化!自らの過去を清算しようとする女に『シークレット・サンシャイン』で第60回カンヌ映画祭主演女優賞に輝く名女優チョン・ドヨン、恋人が残した借金に苦しむ男に『アシュラ』『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソン、大金の入ったバッグを拾った男を『スウィンダラーズ』のペ・ソンウが演じるほか、『王宮の夜鬼』のチョン・マンシク、『MASTER/マスター』のチン・ギョン、『コンフィデンシャル/共助』のシン・ヒョンビン、『感染家族』のチョン・ガラム、さらに『ハウスメイド』で国内の賞を総なめにした国民的女優ユン・ヨジョンらが集結。大金を巡って二転三転する予測不能の展開が観客を魅了し、本国では興行収入ランキング初登場第1位を記録。ここに新たなクライム・サスペンスの傑作が誕生した!

多様な職業をもつ登場人物たちが集まる場所
街の光と人の匂いが共存する港町

キム・ヨンフン監督は生き残るために歯をむき出しにする登場人物たちを描いた本作の舞台として港町を選んだ。港は不法出入国を容易く行える場所であり、この映画の舞台として理想的な場所だった。さらに、夜の歓楽街のネオンの光と人々が居住する乾いた場所が共存する場所でもある。これらの要素をバランスよく兼ね備えた理想の都市として、製作陣は2か月もの月日をかけて平沢市を探しだした。「平沢市は素晴らしいロケーションだった。大きな港があるにも関わらず、近くには賑やかな街もあり、多様な背景を持つ登場人物たちにとって最適な場所だったので選択した。」とキム・ヨンフン監督は話す。8人の獣たちがそれぞれの理由を抱えてこの街に集い、ひとつの金の入ったバッグを通してそれぞれの人生が緻密に絡み合っていく。

金賞受賞の撮影監督キム・テソンがその機知とリズムでとらえた韓国トップ俳優たち

キム・テソン撮影監督は映画『神弓-KAMIYUMI-』で、放たれた弓矢を追うスピード感あふれる凄まじい撮影を見せ、映画『最後まで行く』では立て続けに起こるリアルでバイオレンスなアクションで緊張感を演出し、大きな喝采を浴びた。また彼は映画『バトル・オーシャン 海上決戦』と『トンネル 闇に鎖された男』においても明暗を駆使して登場人物の二重性を明らかにした。『それだけが、僕の世界』にて第38回黄金撮影賞で撮影賞金賞も獲得している。『藁にもすがる獣たち』では、キャラクターの感情を誇張しすぎず、機知とリズムに富んだノワール映画を目指すとともに他の犯罪スリラー映画にはない撮影テクニックを駆使して撮影に挑んだ。「全ての登場人物が崖っぷちにいる状態ではあったが、彼らが何かに抑圧されているかのように見せたくはなかった。彼らが卑劣に見えすぎないように、シーンを大げさに見せるようにするとともに、明暗のコントラストを使うことで、俳優たちの感情を見せて、観客が彼らに共感を覚えるようにした。」とキム・テソン撮影監督は語っている。


【STORY】

失踪した恋人が残した多額の借金を抱えて金融業者からの取り立てに追われるテヨン、暗い過去を精算して新たな人生を歩もうとするヨンヒ、事業に失敗してアルバイトで必死に生計を立てているジュンマン、借金のために家庭が崩壊したミラン。ある日、ジュンマンが勤め先のロッカーの中に忘れ物のバッグを発見する。その中には10億ウォンもの大金が入っていた。地獄から抜け出すために藁にもすがりたい、欲望に駆られた獣たちの運命は——。果たして最後に笑うのは誰だ!?

『藁にもすがる獣たち』(2020年/韓国/カラー/シネマスコープ/5.1ch/109分/韓国語/G/原題:지푸라기라도 잡고 싶은 짐승들/英題:BEASTS CLAWING AT STRAWS)
出演:チョン・ドヨン、チョン・ウソン、ペ・ソンウ、チョン・マンシク、チン・ギョン、シン・ヒョンビン、チョン・ガラム、ユン・ヨジョン
原作:曽根圭介「藁にもすがる獣たち」(講談社文庫)
監督・脚本:キム・ヨンフン
製作:チャン・ウォンソク『悪人伝』『犯罪都市』
撮影:キム・テソン『神弓-KAMIYUMI-』
編集:ハン・ミヨン
音楽:カン・ネネ
日本語字幕:福留友子
配給:クロックワークス