上映 MOVIES

SUB MENU

空白

9月23日(木・祝)公開

日時

9月23日(木・祝)公開

料金

一般¥1,900/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳) ¥1,000/シニア(60歳以上)¥1,200/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINKユース会員(22歳以下)いつでも¥1,000 ※ムビチケはオンライン予約ではご利用不可、劇場窓口でのみご利用いただけます。

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

09.23

09.24

09.25

09.26

09.27

09.28

09.29

  • 空白

    09:35—11:26

    【予告4分】【水曜サービスデー 一律¥1,200】

    購入する

    15:20—17:17

    【予告10分】【水曜サービスデー 一律¥1,200】

    購入する

    18:10—19:57

    【予告なし】【水曜サービスデー 一律¥1,200】

    購入する

09.30

詳細 DETAIL

父、狂気のその先へ——
はじまりは、娘の万引き未遂だった——。

『新聞記者』スターサンズ×『ヒメアノ~ル』𠮷田恵輔監督
衝撃の問題作

ある日突然、まだ中学生の少女が死んでしまった。スーパーで万引きしようとしたところを店長に見つかり、追いかけられた末に車に轢かれたというのだ。娘のことなど無関心だった少女の父親は、せめて彼女の無実を証明しようと、店長を激しく追及するうちに、その姿も言動も恐るべきモンスターと化し、関係する人々全員を追い詰めていく。

『新聞記者』『MOTHER マザー』のスターサンズが、『ヒメアノ~ル』『愛しのアイリーン』などで、衝撃と才能を見せつけた監督・𠮷田恵輔とタッグを組み、現代の「罪」と「偽り」そして「赦し」を映し出す、𠮷田恵輔監督オリジナル脚本で挑むヒューマンサスペンス。

いちばん近くにいるのに、一番分からない。
それでも、父親でありたかった——。

観る者の心臓をあわだてる悪夢のような父親・添田充を、7年ぶりの主演映画となる古田新太が演じる。土下座しても泣いても決して許されず、人生を握りつぶされていくスーパーの店長・青柳に、古田新太と実写映画初共演となる松坂桃李。その他 出演者には、田畑智子、藤原季節、趣里、伊東蒼、 片岡礼子、そして寺島しのぶなど実力派俳優から、眩しいまでの才能を放つ若手までが揃った。この現代に生きるすべての人々の、誰の身にも起こりえる出来事に鋭く視線を向けた監督・𠮷田恵輔の「脚本」に俳優陣がケレン味なく体当たりした。

日本映画史に残る息の止まる感動のラストシーンに、𠮷田監督最高傑作との呼び声も高い渾身の一作が誕生した。

『空白』(2021年製作/107分/PG12/日本)
監督・脚本:𠮷田恵輔
出演:古田新太、松坂桃李、田畑智子、藤原季節、趣里、伊東蒼、片岡礼子、寺島しのぶ
企画・製作・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸
プロデューサー:佐藤順子
アソシエイトプロデューサー:山本礼二
ラインプロデューサー:道上巧矢
撮影:志田貴之
照明:疋田淳
録音:田中博信
装飾:吉村昌悟
衣装:篠塚奈美
ヘアメイク:有路涼子
編集:下田悠
音楽:世武裕子
助監督:松倉大夏
キャスティング:田端利江
制作担当:保中良介
題字:赤松陽構造
配給:スターサンズ、KADOKAWA