上映 MOVIES

SUB MENU

殺人鬼から逃げる夜 MIDNIGHT

12月3日(金)~12月16日(木)上映

©2021 peppermint&company & CJ ENM All Rights Reserved.

日時

12月3日(金)~12月16日(木)上映

料金

一般¥1,900/シニア(60歳以上)¥1,200/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳)¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/障がい者割引¥1,000/UPLINK会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINKユース会員(22歳以下)いつでも¥1,000

詳細 DETAIL

耳の聞こえない目撃者、新たなターゲットに——。
韓国から、また衝撃の才能!
全く新しい「逃走サイレントスリラー」誕生!

夜の街をどこまでも、どこまでも、追いかけてくる、動機も正体も不明の男。生き抜くために、彼を上回るスピードと知恵を発揮し、なんとか逃げ続ける会社員ギョンミ。だが、聴覚に障がいのある彼女は、容赦のないサイコパスに対峙し、無音の中で闘うしかない。展開の全く読めない80分の追走劇。観る者のアドレナリンとドーパミンを急上昇させるのは、これが初監督作という恐るべき才能を放つクォン・オスン。一度は「映画を作りたい」という夢を諦めかけたが、完全オリジナルのアイディアによる脚本で、華々しいデビューを果たした。

ギョンミを演じるのは、『リトル・フォレスト 春夏秋冬』のチン・ギジュ。韓国最大の財閥企業・サムスングループのエリート社員を辞めて報道記者となった後、今度はモデルを経て俳優への転身を果たしたという異色の経歴でも人気を呼んでいる。巨大地下駐車場、廊下や部屋が迷路のような一軒家、らせん状に続く坂道、車が猛スピードで走り抜ける道路、そして、若者でごった返す繁華街を、ただひたすら走るリアルなアクションで観る者の心をつかむ。どんな苦境に陥っても「絶対に死にたくない!」と諦めないギョンミに、熱いエールを送らずにいられない。
ドシクには、公開時に韓国ホラー歴代2位の大ヒットを記録した『コンジアム』で、第39回青龍映画賞新人男優賞を受賞し、今最も注目されているライジングスター、ウィ・ハジュン。社会的ステータスのある会社員にしか見えない人物から、「殺したい。殺してやる」という衝動にかられた恐るべき殺人鬼まで、いくつもの顔を持つドシクという、一度観たら頭に焼きついて離れない独創的なキャラクターを作り上げた。 さらに、ソジョンの兄には『ゴールデンスランバー』のパク・フン、ギョンミの母親には日本でもスマッシュヒットを記録した『はちどり』のキル・ヘヨン、ソジョンには大人気TVシリーズ「SKYキャッスル ~上流階級の妻たち~」のキム・へユンと、韓国トップ俳優の中でも実力派が集まった。
あらゆる映像体験を享受してきた全世界の映画ファンを、初めての歓喜と興奮で覚醒させる、傑作スリラーの誕生だ!

【STORY】

街で続く連続殺人。その夜、帰宅途中に事件現場を目撃した聴覚障害を持つギョンミは、次のターゲットに。全力で逃げるギョンミだが、聴覚が不自由な彼女には、犯人が追いかけてくる足音も聞こえなければ、助けを呼ぶ言葉も届かない。殺人犯はそんな獲物を。まるでゲームを楽しむかのように巧妙なワナを使って、じりじりと追い詰めていく——いつになったら、この夜は明けるのか?

『殺人鬼から逃げる夜』(2021/韓国/カラー/シネスコ/5.1ch/104分/原題:MIDNIGHT)
監督・脚本:クォン・オスン
出演:チン・ギジュ『リトル・フォレスト 春夏秋冬』、ウィ・ハジュン『コンジアム』、パク・フン『ゴールデンスランバー』ほか
字幕翻訳:根本理恵