上映 MOVIES

SUB MENU

不思議惑星キン・ザ・ザ【アンコール上映】 Kin-dza-dza!

10月15日(金)~10月21日(木)上映

©Mosfilm Cinema Concern, 1986

日時

10月15日(金)~10月21日(木)上映

料金

一般¥1,900/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳) ¥1,000/シニア(60歳以上)¥1,200/ジュニア(15歳以下)¥800/障がい者割引¥1,000/UPLINK会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINKユース会員(22歳以下)いつでも¥1,000

リンク

詳細 DETAIL

\アンコール上映決定/

ソ連全土で1570万人の驚異的な観客を動員!
地球の生活に疲れたあなた必見

1986年にソ連での完成時の試写では、批評家からさんざんに不評だったが、公開されるや若者の圧倒的な支持により、ソ連全土で1520万人という驚異的な動員を成し遂げ、1987年リオデジャネイロ国際映画祭でグラフィック・コンセプション特別賞を受賞し、翌1988年には、ロシアのアカデミー賞に相当するニカ賞の音楽賞と音響賞を授与されている。
ゲオルギー・ダネリヤ監督 監督ゲオルギー・ダネリヤ(Georgiy Daneliya /1930年~)はジョージアのトビリシ出身。デビュー作の“SERYOZHA”(イーゴリ・タランキンとの共同監督/1960年)が、世界最古の歴史を誇るチェコのカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭でグランプリを受賞して依頼、コンスタントに監督作を発表し、ロシアを代表する監督である。なお、ダネリヤ監督は『不思議惑星キン・ザ・ザ』のアニメーション版(100分)を2013年につくり、同年、ロシアで公開している。
​ゲデバン役の少年は今では映画監督に、釣鐘型宇宙船に乗って現れる〈クー〉なふたり、太めのウエフを演じたエヴゲーニー・レオノフ(Evgeniy Leonov)と、のっぽのビー役のユーリー・ヤコヴレフ(Yuriy Yakovlev)は70年代に〈人民芸術家〉として表彰されたロシア演劇界の重鎮であるが、残念ながらレオノフは1994年、ヤコブレフは2013年に亡くなっている。技師マシコフ役のスタニスラフ・リュブシ(Stanislav Lyubshin)は現在83歳。2015年にも舞台で元気な姿を見せた。ゲデバン役のレヴァン・ガブリアゼ(Levan Gabriadze)は、1969年にジョージアに生まれ、撮影当時17歳だったが、現在は監督として活躍。日本でも第一回監督作『エターナル 奇蹟の出会い』(11年)が公開され、新作『アンフレンデッド』の日本公開は、この7月の予定である。
​全編を通して流れる、気が抜けて人を食ったような、たら~んとした不思議な音楽は、ダネリヤ監督と同郷のジョージア出身のギア・カンチェリ(Giya Kancheli/1935年~)が手掛けた。カンチェリは、世界的に人気の作曲家であるが、映画音楽は本作のみである。

【STORY】

地球よ、おまえは遠かった

自称異星人との遭遇
モスクワ、冬。マシコフは帰宅するなり妻に「マカロニを買ってきてくれ」と頼まれ外出する。街角でバイオリンを抱えた青年に「あそこに自分のことを異星人だという男がいる」と声をかけられ、「裸足で寒そうだから」という青年に付き合って、その男と言葉を交わす。自称異星人は「この星のクロスナンバーか座標を教えてくれ」と尋ねるが、マシコフは男の持つ〈空間移動装置〉を押してしまった。瞬間、マシコフと青年は砂漠のど真ん中にワープ!

釣鐘型の宇宙船とこぎたない宇宙人
街をめざして歩き始める二人に灼熱の太陽が襲う。疲れ果てて座り込む二人。すると、奇妙な音を立てて釣鐘型の宇宙船がやって来る。飛行物体から出てきたのはこぎたない男二人。檻を出ると踊りながら、「クー」と言っている。

挨拶は「クー」
英語もフランス語もドイツ語も通じず、返ってくるのは「クー」ばかり。毛皮の帽子もコートも差し出したが、取られるだけ取られて、宇宙船には乗せてもらえずに放り出される。だが、マシコフがタバコを喫おうと、マッチを擦った瞬間、釣鐘型の宇宙船がUターンして舞い戻ってくるではないか!マッチを欲しがる男たちに「街まで乗せてくれるなら、“クー”だ」と交渉するマシコフ。なんとか船に乗り込む二人。

キン・ザ・ザ星雲のプリュク星ではマッチは超貴重品
二人がワープしたのはキン・ザ・ザ青雲のプリュク星。マッチがえらい貴重品らしい。幸いなことに、煙草を吸うマシコフのポケットにはマッチが二箱ある。なんとかこれで地球に帰れるのでは・・。だが、簡単に思えた交渉も、マッチの貴重さを軽くみてしまったマシコフのヘマで失敗し、釣鐘型の宇宙船は燃料切れで立往生。おまけに今度は卵型の宇宙船がやってきた。乗っていた権力者エツィロップは、“クー”をしなかったマシコフを殴ったうえに、釣鐘型宇宙船の二人から金を巻き上げていく。これでは燃料を買う事もできない。四人で釣鐘型の宇宙船を押して歩くにしても、街は遠い・・・。

果たしてマシコフとゲデバンは“反クロス系”に位置する地球に帰ることができるだろうか。帰り着いたとしても、愛する家は・・・。このまま二人は宇宙の浦島太郎として終わるのか・・・。

『不思議惑星キン・ザ・ザ』(1986年/135分/ソ連)
監督:ゲオルギー・ダネリヤ
脚本:レヴァス・ガブリアゼ+ゲオルギー・ダネリヤ
撮影:バーヴェル・レヴェシェフ
美術:アレクサンドル・サムレキン・テオドル・テジク
音楽:ギア・カンチェリ
製作:モスフィルム・スタジオ
キャスト:エヴゲーニー・レオノフ、ユーリー・ヤコヴレフ、スタニスラフ・リュブジン、レヴァン・ガブリアゼ