上映 MOVIES

SUB MENU

いのちの停車場

上映中~終映未定

日時

上映中~終映未定

料金

一般¥1,900/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳) ¥1,000/シニア(60歳以上)¥1,200/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINKユース会員(22歳以下)いつでも¥1,000

リンク

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

06.15

06.16

  • いのちの停車場

    09:15—11:20

    【予告6分】【水曜サービスデー 一律¥1,200】

    販売開始前

    14:00—16:09

    【予告10分】【水曜サービスデー 一律¥1,200】

    販売開始前

06.17

  • いのちの停車場

    09:25—11:30

    【予告6分】

    販売開始前

    13:55—16:04

    【予告10分】

    販売開始前

詳細 DETAIL

現役医師による傑作医療小説、豪華キャストで映画化!
まほろば診療所―そこは、命を少しだけ輝かせる場所…。

誰もが予想だにしなかった未知のウイルスに、世界が翻弄されている昨今。「生と死」について考える機会が増えたのではないでしょうか。
金沢の小さな診療所を舞台に、“いのち”に優しく寄り添う医師と、避けることのできない死を迎える患者とその家族が、それぞれの立場から病と向き合い、葛藤し、成長してゆく。原作は現役医師・南杏子の同名小説で、医師だからこそ描写できる医療現場の臨場感、安楽死といったテーマに深く切り込み、2020年5月発売と同時に大きな反響を呼びました。

主人公咲和子を演じるのは、国民的女優・吉永小百合。映画出演122本目にして、初の医師役に挑戦します。「まほろば診療所」のスタッフには、吉永小百合との初共演を果たす松坂桃李と広瀬すず、そして、西田敏行が熱演。かけがえのない人がいる、全ての方へ――“いのち”に正面から向き合い、生きる力を照らし出す、心を揺さぶる感動の物語が誕生します。

【STORY】そこは、自分らしく輝ける場所。

東京の救命救急センターで働いていた咲和子は、ある事件をきっかけに、故郷の金沢で「まほろば診療所」の在宅医師として再出発をする。様々な事情から在宅医療を選んだ患者と出会い、戸惑いながらも、まほろばのメンバーと共にいのちの一瞬の輝きに寄り添っていく。その時、最愛の父が倒れてしまい…。

『いのちの停車場』(2021年製作/119分/G/日本)
監督:成島出
出演:吉永小百合、松坂桃李、広瀬すず、南野陽子、柳葉敏郎、小池栄子、みなみらんぼう、泉谷しげる、石田ゆり子、田中泯、西田敏行
原作:南杏子
脚本:平松恵美子
音楽:安川午朗
エンディングテーマ:村治佳織
応援歌作詞:小椋佳
配給:東映