上映 MOVIES

SUB MENU

頭痛が痛い

6月3日(金)~6月16日(木)上映

(c)KAMO FILMS

日時

6月3日(金)~6月16日(木)上映

料金

一般¥1,900/シニア(60歳以上)¥1,200/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳)¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/障がい者割引¥1,000/UPLINK会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINKユース会員(22歳以下)いつでも¥1,000

詳細 DETAIL

「死にたい」って軽々しく使う奴がいるせいで
こういう声が埋もれちゃうんだよ

もう頑張るの、やめよ

自傷行為や恋愛感情のないセックスを繰り返し、家庭に不和を抱える不登校気味の高校生・鳴海と、エゴだとわかりつついつも人のことを考え、救急セットを持ち歩く同級生・いく。二人は、いくが鳴海のライブ配信を見るという一方通行の関係だったが、いくが梶井基次郎の『檸檬』のように、自分の遺書を赤の他人の家に投函するところを鳴海が目撃し、互いの心と傷の手当てをし、支え合う関係に発展していく。

監督は、第28回新人シナリオコンクールに『幸福なLINE』に佳作1位に入選した守田悠人。本作は初監督作品となり、映画監督の登竜門であるぴあフィルムフェスティバルのPFFアワード2020で審査員特別賞を受賞した。審査講評では、画家・平松麻に「守田監督はいつもいくと鳴海の横にいるように私には見えました。ひとのいたみを分かったつもりでやり過ごしてしまう危うさに守田監督は向き合っていたのだと思います。」と評された。

いく役を、本作で映画デビューの阿部百衣子、鳴海役をフリーランスのモデル・俳優のせとらえと。いくの遺書を読み、正義感に突き動かされるフリージャーナリスト・直樹役を、『JOINT』の鐘ヶ江佳太。他、山本華世子、杉山宗賢、大友久志、ナツメが脇を固める。

【STORY】

勝手に測り、測られる「死にたさ」の度合い
それぞれの「死にたさ」を擦り合わせようとする少女同士が

心と傷の手当てをし、支え合う、
シスターフッドロードムービー

東京五輪に向けた新国立競技場の建設が進む2018年の東京。不登校気味の高校生・鳴海(せとらえと)は ライブ配信を行うことにより、行き場の無さを埋めようとする。鳴海の同級生・いく(阿部百衣子)はいつも明るく振る舞う反面、形容しがたい憂鬱な気持ちを吐き出せずにいた。ある日いくは、梶井基次郎の『檸檬』のように、自分の遺書を赤の他人の家に投函することで憂鬱を晴らそうとする。その遺書を読んだ鳴海と、フリージャーナリストの直樹(鐘ヶ江佳太)は、いくが発するSOSを感じ…。

『頭痛が痛い』(2020年/日本/カラー/16:9/2ch/108分)
脚本・監督:守田悠人
出演:阿部百衣子、せとらえと、鐘ヶ江佳太、山本華世子、大友久志、ナツメ、杉山宗賢
プロデューサー:佐藤形而
撮影・照明:田中丈尊
録音:五十嵐猛吏
音楽:大村知也
編集:小本菜々香
助監督:佐藤形而/阿部友馬
特殊メイク:柳川夏子
配給:アルミード