上映 MOVIES

SUB MENU

九十歳。何がめでたい

上映中~終映日未定

©2024 映画「九十歳。何がめでたい」製作委員会 ©佐藤愛子/小学館

日時

上映中~終映日未定

料金

一般¥2,000/シニア(60歳以上)¥1,300/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳)¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/障がい者割引¥1,000/UPLINK会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINKユース会員(22歳以下)いつでも¥1,000

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

07.25

07.26

07.29

07.30

07.31

08.01

詳細 DETAIL

\感想をシェアできるポケットティッシュをプレゼント!/

ご鑑賞のお客様に、“めでたい”気分を書き込んでシェアできるポケットティッシュを配布いたします。
配布期間:6月21日(金)~配布 ※配布は終了しました
※なくなり次第終了
※プレゼントは非売品です。転売、内容の複写・複製などの行為は一切禁止となります。迷惑行為が確認された場合、劇場スタッフよりお声がけさせていただく場合がございます。


草笛光子 生誕九十年 記念映画

社会現象を生んだ、シリーズ累計170万部の人気エッセイ映画化。

100歳を迎えた現役作家・佐藤愛子を、90歳を迎えた女優・草笛光子が演じます。
めでたいふたりのタッグで、「生きづらい世の中」に悩むすべての人に贈る、笑いと共感の痛快エンターテイメント!現代社会を“一笑両断”する!

【STORY】

あなたの悩みも“一笑両断”

数々の文学賞を受賞してきた佐藤愛子。90歳を過ぎ断筆をして人付き合いも減り、鬱々と過ごしていたところに、エッセイの依頼が入る。
「いちいちうるせえ!」と世の中への怒りを赤裸々に書いたエッセイは意図せず大好評となり、愛子の人生は90歳にして大きく変わっていくのだが・・・

『九十歳。何がめでたい』(2024/日本)
監督:前田哲
出演:草笛光子、唐沢寿明、藤間爽子、中島瑠菜、木村多江、真矢ミキ
原作:佐藤愛子「九十歳。何がめでたい」「九十八歳。戦いやまず日は暮れず」(小学館刊)
配給:松竹