上映 MOVIES

SUB MENU

轢き逃げ 最高の最悪な日

5月10日(金)~公開

日時

5月10日(金)~公開

料金

一般¥1,800/ユース(22歳以下)¥1,500/シニア¥1,100/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK会員¥1,000(土日祝¥1,300/ユース(22歳以下)会員はいつでも¥1,000)

詳細 DETAIL

舞台挨拶開催決定

■会場 UPLINK吉祥寺(Pコード:559-901)
時間 12:45の回 上映終了後

≪舞台挨拶登壇者・予定≫
中山麻聖、石田法嗣、水谷豊(監督)

■チケット料金(1枚につき)
通常料金

≪チケットの購入方法について≫
こちらの座席指定券は「チケットぴあ」のみでの販売となります。

<一般発売>
■4月27日(土)10:00AM 発売開始
■購入方法
・お近くのチケットぴあのお店、下記のコンビニ、もしくは電話予約、インターネットでお求めいただけます。
・チケットの販売は、お一人様4枚までとさせていただきます。
・前売券からのお引換はいたしかねますのでご注意下さい。
・お席はお選びいただけません。

◆直接購入
チケットぴあのお店 営業時間 10:00~20:00【営業時間は店舗によって異なります】
セブン‐イレブン 営業時間 0:00~24:00【発売初日は10:00~】
◆電話予約
音声自動応答 TEL:0570-02-9999 
インターネット購入

●チケットのお問合わせは、
TEL:0570-02-9111 または http://t.pia.jp/

<当イベントの注意事項>
※舞台挨拶付き上映の回は全席指定・定員入替制での上映となります。
※舞台挨拶付きの上映をご鑑賞いただくには、舞台挨拶の回の座席指定券が必要です。
※転売を目的としたご購入は固くお断りいたします。
※場内でのカメラ(携帯カメラを含む)、ビデオ等による撮影・録音等は固くお断りいたします。
※ゲストおよび舞台挨拶は、予告なく変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください
※いかなる事情が生じましても、ご購入後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。

事故と事件と、そこに巻き込まれた人々に、“終わりのない、そのあと”が訪れる。

30年来の夢であった“タップダンス”を題材にした映画「TAP -THE LAST SHOW-」で監督デビューを飾り、圧巻のダンス映像と深い人間洞察からくる演出で、監督として確かな一歩を踏み出した水谷豊。監督2作目は、他人には見せる事のない“人間の心の奥底にあるもの”を映画として描く。エンターテインメントの最前線に50年以上立ち続けている水谷豊が挑む「新たなる世界」が生まれようとしている。

【STORY】
ある地方都市で起きた交通事故。一人の女性が命を落とし、轢き逃げ事件へと変わる。
車を運転していた青年・宗方秀一、助手席に乗っていた親友・森田輝。二人は秀一の結婚式の打合せに急いでいた。婚約者は大手ゼネコン副社長の娘・白河早苗。悲しみにくれる被害者の両親、時山光央と千鶴子。その事件を担当するベテラン刑事・柳公三郎と新米刑事・前田俊。平穏な日常から否応なく事件に巻き込まれ、それぞれの人生が複雑に絡み合い、抱える心情が浮き彫りになっていく。

彼らの心の奥底に何があったのか?何が生まれたのか?
その悲劇の先に、彼らは何を見つけられるのか?

『轢き逃げ 最高の最悪な日』
(2019年/日本/127分)
出演:中山麻聖、石田法嗣、小林涼子、毎熊克哉、水谷豊、檀ふみ、岸部一徳
監督・脚本:水谷 豊
撮影監督:会田正裕
音楽:佐藤 準
配給:東映