上映 MOVIES

SUB MENU

ゆきゆきて、神軍

上映中~8月15日(木)

©疾走プロダクション

日時

上映中~8月15日(木)

料金

一般¥1,900/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳) ¥1,000/シニア(60歳以上)¥1,200/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK会員¥1,000(土日祝¥1,300)/UPLINKユース会員(22歳以下)いつでも¥1,000

リンク

詳細 DETAIL

トークショー開催

8月9日(金)上映後
登壇者:小林節(慶応義塾大学名誉教授、法学博士、弁護士)、原一男(本作監督)

8月10日(土)上映後
登壇者:末井昭(編集者/作家)、原一男(本作監督)

8月11日(日)上映後
登壇者:入江悠(映画監督)、原一男(本作監督)


8月12日(月)上映後
登壇者:安冨歩(東京大学東洋文化研究所教授)、片岡祐介(音楽家)、原一男(本作監督)

8月13日(火)上映後
登壇者:原一男(本作監督)

8月14日(水)上映後
登壇者:小林佐智子(本作プロデューサー)

8月15日(木)上映後
登壇者:松崎健夫(映画評論家)


知らぬ存ぜぬは許しません

87年の日本映画界を震撼させた驚愕の作品。天皇の戦争責任に迫る過激なアナーキスト・奥崎謙三を追った衝撃のドキュメンタリー。神戸市で妻とバッテリー商を営む奥崎謙三は、たったひとりの「神軍平等兵」として、”神軍”の旗たなびく車に乗り、今日も日本列島を疾駆する。生き残った元兵士たちの口から戦後36年目にしてはじめて、驚くべき事件の真実と戦争の実態が明かされる・・・。

『ゆきゆきて、神軍』(1987年/スタンダード/122分/35ミリ→DCP)
監督・撮影:原一男
製作:小林佐智子
録音:栗林豊彦
編集・構成:鍋島惇
配給:疾走プロダクション