上映 MOVIES

SUB MENU

ウィッカーマン final cut

10月24日(土)~11月5日(木)上映

©2019 CANAL+

日時

10月24日(土)~11月5日(木)上映

料金

一般¥1,500/シニア¥1,200(60歳以上)/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳) ¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK会員¥1,100/UPLINKユース会員(22歳以下)はいつでも¥1000

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

10.24

10.25

10.26

10.27

10.28

10.29

詳細 DETAIL

ネガの消失、短縮版の公開…
これほど不幸な映画はあっただろうか?

呪われた“奇祭映画”の金字塔が、
47年の歳月を経てfinal cut 版として再びよみがえる!

これが『ミッドサマー』の元ネタとも言われる元祖“奇祭映画”だ!

劇中で強烈な印象を残すサマーアイル卿を演じているのは、『ロード・オブ・ザ・リング』や『スター・ウォーズ』で知られるクリストファー・リーだ。リー自身は、本作を「この映画こそ私の最高傑作」と語っている(※「Total Film」2005 年5 月のインタビューより)。しかし、本作が公開されるまでには様々な悲劇があった。1973 年当時、完成したその作品を、映画会社ブリティッシュ・ライオンのトップが気に入らず、宣伝告知などを一切せずにニコラス・ローグ監督『赤い影』と併せて公開。しかもそれは、監督が編集した102 分バージョンでなく88 分の短縮版であった。ネガフィルムも紛失し、長らく行方不明の状態が続いていたが、40 周年記念となる2013 年にフィルムが見つかり、監督自らが再編集をした94 分のバージョンが今回のfinal cut版となる。そんないわくつきの作品だが、昨年大ヒットした『ミッドサマー』(2019)の監督アリ・アスターもその影響を公言しているなど、一部では熱狂的に支持されてきたカルト作が日本でようやくの公開となる。是非『ウィッカーマン final cut』を劇場で目撃して欲しい。

【STORY】

行方不明の少女の捜索のために上陸したその島は
ケルト神話に支配された禁断の地だった―

果たして<ウィッカーマン>とは何なのか!?

ある島で少女が行方不明になったと書かれた匿名の手紙が、スコットランド本土のハウイー警部のもとに届く。警部は早速、島に上陸し捜査に取り掛かるが、島民たちは誰もその少女を知らないと言い張り、少女の母親までが娘の存在を否定している。早速、翌日から本格的な聞き込み調査を開始するが、怪しげな出来事ばかりが起こる中で、この異教ケルトの神々を信仰する島の人々を統治するのが、サマーアイル卿であることが分かり屋敷を訪れる。しかしそれは狂乱と神話の儀式にハウイーが巻き込まれる幕開けとなるのであった…。

『ウィッカーマン final cut』(英題:The Wickerman the final cut/2013年/イギリス/94分/DCP)
監督:ロビン・ハーディー
出演:エドワード・ウッドワード、クリストファー・リー、ダイアン・シレント、ブリット・エクランド、イングリッド・ピット、リンゼイ・ケンプ
脚本:アンソニー・シェーファー
音楽:ポール・ジョヴァンニ
配給:アダンソニア