上映 MOVIES

SUB MENU

ブータン 山の教室 Lunana A YAK IIN THE CLASSROOM

10月1日(金)~10月7日(木)上映

日時

10月1日(金)~10月7日(木)上映

料金

一般¥1,900/シニア(60歳以上)¥1,200/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳)¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/障がい者割引¥1,000/UPLINK会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINKユース会員(22歳以下)いつでも¥1,000

詳細 DETAIL

第93回アカデミー賞国際長編映画賞ブータン代表作品

ヒマラヤ山脈、標高4800メートルにある秘境ルナナ村に響くブータン民謡。
都会から来た若い先生と、村の人たちと子どもたちの心の交流を描いた感動作。

秘境の地で、伝統を守りながら生きる人たち

標高4,800メートルの地にあるブータン北部の村ルナナ。ブータン民謡がヒマラヤ山脈に響きわたるこの地で暮らすのは、大自然とともにある日常に幸せを見つけ生きる大人たち。おして親の仕事の手伝いをしながらも、“学ぶこと”に純粋な好奇心を向ける子どもたちだ。ブータンの新鋭、パオ・チョニン・ドルジ監督は、文化や伝統を守りながら、お互いに助け合い、素朴な暮らしをする人たちの姿を通して、現代を生きる私たちが忘れかけてしまった“本当の豊かさとは何か”を教えてくれる。

先生は“未来”を教えてくれる

若手教師のウゲンは、ある日教官に呼び出されブータンの秘境、ルナナにある学校に行くよう告げられる。「オーストラリアに行き、ミュージシャンになりたい」という夢を抱きながらも、渋々ルナナ村に行くことに。1週間以上かけて辿り着いたその地には、真っ直ぐな瞳で彼の到着を待つ子どもたちがいた。ある子どもは、「先生は未来に触れることができるから、将来は先生になるのが夢」と口にする。慣れない土地での生活に不安を拭えなかったウゲンだったが、村の人々と過ごすうちに自分の居場所を見つけていく。

『ブータン 山の教室』(2019年/ブータン/ゾンカ語・英語/110分/シネスコサイズ/英題:Lunana A YAK IIN THE CLASSROOM)
監督・脚本:パオ・チョニン・ドルジ
出演:シェラップ・ドルジ、ウゲン・ノルブ・ヘンドゥップ、ケルドン・ハモ・グルン、ペム・ザム
日本語字幕:横井和子
字幕監修:西田文信
後援:在東京ブータン王国名誉総領事館
協力:日本ブータン友好協会
配給:ドマ
宣伝:VALERIA