上映 MOVIES

SUB MENU

劇場版プラシド・ドミンゴ アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭2020

10月15日(金)~10月21日(木)上映

日時

10月15日(金)~10月21日(木)上映

料金

【特別料金】一般¥2,800/ユース(19歳~22歳)・アンダー18(16歳~18歳)・ジュニア(15歳以下)¥2,200 ※特別興行のため、招待券・ソフトドリンク付き回数券・MTA未来チケット使用不可

リンク

詳細 DETAIL

オペラ界のレジェンド、プラシド・ドミンゴによる
幻とも言われたナイトコンサートを、世界“初”劇場公開!

ヴェルディ、ジョルダーノなどの名曲の数々をオペラ界のレジェンドが
イタリア・ヴェローナの古代ローマ円形闘技場で熱唱
奇跡の夜を大スクリーンで

オペラ界の伝説、プラシド・ドミンゴ。2020年8月28日、コロナ禍により1万人の予定だった観客を、僅か1000人に限定し行われた幻のスペシャルライヴが遂にスクリーンへ。オペラの名作『イル・トロヴァトーレ』や『アンドレア・シェニエ』の名曲群が響き渡る。今年80歳を迎え、昨年自身もコロナウイルスに感染したものの、完全復活を遂げた後に行われた特別なコンサート。今だからこそ芸術の力を感じることができるコンサートシネマを、大スクリーンで堪能。

スカラ座注目のソプラノ歌手・サイオア・エルナンデスと再共演!

ヨーロッパ各地のオペラハウスから引く手数多の人気を誇り、ドミンゴが昨年1月に来日した際にも共演したソプラノ歌手、サイオア・エルナンデスと再共演。『椿姫』や『イル・トロヴァトーレ』の名曲たちをデュエットし、極上の歌声を舞台に響かせる。

世界最大規模の屋外オペラ会場、アレーナ・ディ・ヴェローナ
古代ローマ円形闘技場を舞台に、奇跡の歌声が響き渡る―

歴史的建造物であるとともに、世界最大規模の屋外オペラ会場としても名高いアレーナ・ディ・ヴェローナ。ヴェルディ生誕100年がオペラ会場としての契機となったこの神聖な舞台を、眩いライティングと共にヴェルディ、ジョルダーノほか珠玉の名曲の数々が美しく彩る。

アレーナ・ディ・ヴェローナとは
アレーナ・ディ・ヴェローナは西暦30年頃に建設され、もともとは剣闘士の大会に使われていました。1117年の地震で大部分が破壊され、数世紀後の1913年、ヴェルディのオペラ『アイーダ』が、ヴェルディの生誕100周年を記念して上演されました。その優れた音響効果により、それ以降はコンサート会場として定期的に使用されるようになりました。古代ローマ時代より、時代に即しながら人々の感動の場としてあり続けたこの場所は、評論家や音楽愛好家を大いに魅了しました。

【PROGRAM】

1.ジュゼッペ・ヴェルディ/シンフォニア/歌劇『ジョヴァンナ・ダルコ』
2.ジュゼッペ・ヴェルディ/分かったか?夜明けに 息子は断頭台に/歌劇『イル・トロヴァトーレ』
3.ジュゼッペ・ヴェルディ/穏やかな夜/歌劇『イル・トロヴァトーレ』
4.ジュゼッペ・ヴェルディ/前奏曲/歌劇『群盗』
5.ジュゼッペ・ヴェルディ/ジェルモンとヴィオレッタの二重唱/歌劇『椿姫』
6.ウンベルト・ジョルダーノ/間奏曲/歌劇『フェドーラ』
7.ウンベルト・ジョルダーノ/暴徒の手にかかり私の母は殺された/歌劇『アンドレア・シェニエ』
8.ウンベルト・ジョルダーノ/祖国の敵/歌劇『アンドレア・シェニエ』
9.ホセ・セラーノ/彼が来ない…それが何だというの?/サルスエラ『カーネーション』
10.マヌエル・ペネーリャ/ラファエル 呼んだ?/歌劇『山猫』
11.パブロ・ソロサバル/そんなことはあり得ない/歌劇『港の居酒屋』

『劇場版プラシド・ドミンゴ アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭2020』(2020年製作/83分/G/イタリア/原題:Placido Domingo at the Arena di Verona)
出演:プラシド・ドミンゴ、サイオア・エルナンデス
指揮:ジョルディ・ベルナセル
演奏:アレーナ・ディ・ベローナ管弦楽団
配給:ギャガ