上映 MOVIES

SUB MENU

きまじめ楽隊のぼんやり戦争

上映中~終映未定

©2020「きまじめ楽隊のぼんやり戦争」フィルムプロジェクト

日時

上映中~終映未定

料金

一般¥1,900/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳) ¥1,000/シニア(60歳以上)¥1,200/ジュニア(15歳以下)¥800/障がい者割引¥1,000/UPLINK会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINKユース会員(22歳以下)いつでも¥1,000

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

05.16

05.17

05.18

05.19

05.20

詳細 DETAIL

第21回東京フィルメックス審査員特別賞
9時から5時まで、今日もきちんと戦いましょう!

川の向こうは、とてもコワイ。らしい。

町境である一本の川を挟んで〝朝9時から夕方5時まで″規則正しく戦争をしている二つの町。
川の向こうの町をよく知るひとはいない。だけど、とてもコワイらしい。津平町に暮らす真面目な兵隊・露木がある日突然言い渡されたのは、音楽隊への人事異動?!そんな中、偶然向こう岸から聞こえる音楽と出会い、その音色に心を惹かれていく…。一方、町ではある噂が広がっていて——。
川の向こうには何があるのだろう?〝わからないもの″を恐れる人々の一風変わった暮らしの中は、戦争・権力・男女・身体…どこにでもある、人類の絶えない悩みで溢れている。いつの時代でもない架空の町の小さな社会と、わたしたちの日常が地続きにあることを映し出す。数々の話題作を抑え、第21回東京フィルメックスで日本人監督作品としては初となる審査員特別賞に輝いた。

夢のようでいて、リアリスティック。
世界が認める新たな才能、全開!

監督は池田暁。長編第2作『山守クリップ工場の辺り』(13)がロッテルダム国際映画祭、バンクーバー国際映画祭でグランプリ、ぴあフィルムフェスティバルで審査員特別賞を受賞。続く『うろんなところ』(17)は東京国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭のほか多くの国際映画祭で上映され、その斬新なアイデアとオリジナリティーで世界から注目を浴びる。初の劇場公開である本作でも、アキ・カウリスマキ、ロイ・アンダーソンを彷彿とさせるオフビートな笑いや、テリー・ギリアムを思わせる独自の世界観が混ざり合う、異色の才能は全開!
目的を忘れ、全く知らない相手と毎日戦争をしている町を舞台に、そんな日々をなんの疑問もなくやりすごす一人の兵隊と、周囲の人々の暮らしが変化していく様を淡々と、ユーモアたっぷりに描き上げた。

池田ワールドを色濃く彩る、個性派キャストが大集結!

主演を務めるのは、『あゝ、荒野』(17)、『シグナル100』(20)、『とんかつDJアゲ太郎』(20)など、映画・ドラマ・舞台と活躍の場を広げる前原滉。映画初主演ながら、感情の読めない表情や口調から浮かび上がる、からくり人形のようなキャラクターを見事に演じ切った。さらには石橋蓮司や竹中直人のほか、橋本マナミ、矢部太郎、嶋田久作、片桐はいり、きたろう等、豪華な顔ぶれが勢揃い。実力確かな個性派俳優たちが、唯一無二の作品世界に彩りを加える。

【STORY】

一本の川を挟んで「朝9時から夕方5時まで」規則正しく戦争をしている二つの町。津平町に暮らす露木は、真面目な兵隊だ。朝から川岸に出勤し、お昼は気まぐれなおばさんの定食屋。夕方になれば、物知りなおじさんの煮物を買って帰って、眠るだけ。川の向こうの太原町をよく知るひとはいない。だけど、とてもコワイらしい。
ある日突然、露木が言い渡されたのは、音楽隊への人事異動?! 家で埃を被ったトランペットを引っ張り出したはいいものの、明日からどこへ出勤すればいいのやら…。
そんな中、ひょんなことから出会ったのは向こう岸から聞こえる音楽だった。
その音色に少しずつ心を惹かれていく一方、町では「新部隊と新兵器がやってくる」噂が広がっていて——。

『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』(2020年製作/105分/G/日本)
監督・脚本・編集・絵:池田暁
出演:前原滉、今野浩喜、中島広稀、清水尚弥、橋本マナミ、矢部太郎、片桐はいり、きたろう、嶋田久作、竹中直人、石橋蓮司
企画・製作:映像産業振興機構(VIPO)
制作協力:東映東京撮影所
共同事業幹事:カルチュア・エンタテインメント
配給:ビターズ・エンド
文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019」長編映画の実地研修完成作品