上映 MOVIES

SUB MENU

ロックフィールド 伝説の音楽スタジオ Rockfield:The Studio on the Farm

1月28日(金)公開

© 2020 Ie Ie Rockfield Productions Ltd.

日時

1月28日(金)公開

料金

一般¥1,900/シニア(60歳以上)¥1,200/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳) ¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/障がい者割引¥1,000/UPLINK会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINKユース会員(22歳以下)いつでも¥1,000 ※ムビチケはオンライン予約では利用不可、劇場窓口でのみご利用いただけます。

詳細 DETAIL

UKロックの伝説はこの場所で生まれた。
農場を史上最も成功した音楽スタジオに変えた
兄弟と名曲誕生の物語

クイーンがスターダムを駆け上がり、
オアシスは兄弟で情熱を燃やし、
コールドプレイはここから一気に飛躍を遂げた——UKロックの歴史がこの1作に凝縮。

ロンドンから西へ230キロ。ウェールズの農場の中にある伝説の音楽スタジオ「ロックフィールド」。キングズリーとチャールズのウォード兄弟が1963年に農家の一部を改修して設立。ミュージシャンを目指した兄弟だったが挫折し、バンドマンたちにスタジオを貸し出すことに。それが世界初の潜在型音楽スタジオとなった。
1974年にエースがヒット曲「ハウ・ロング」、クイーンが「ボヘミアン・ラプソディ」を含むアルバム「オペラ座の夜」のレコーディングを行った。2018年に公開された大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』でもこのロックフィールド・スタジオのエピソードが出てきたことは記憶に新しい。モーターヘッドは1975年にこのスタジオで初レコーディングを行い、ロックフィールド・レーベルと契約。

兄弟のどちらが歌うかで喧嘩したというオアシスの「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」や「ワンダーウォール」創作にまつわるリアム・ギャラガーの逸話に興奮し、コールドプレイの名曲「イエロー」がロックフィールドで誕生した瞬間をクリス・マーティンが再現するシーンに深い感動を覚える。数々の傑作が生み出されたロックフィールドはブリティッシュ・ロックの聖地であり世界中のバンドマンたちの憧れのスタジオだ。
1997年の最盛期には、イギリス国内BEST10のうち7つのアルバムがロックフィールドで録音されたという伝説を持つ。『黄金のメロディ マッスル・ショールズ』(13)に触発されたというハンナ・ベリーマン監督が、ロックを愛するすべての人に捧げる音楽愛に溢れた秀作ドキュメンタリー。

『ロックフィールド 伝説の音楽スタジオ』(2020年/イギリス/ドキュメンタリー/シネスコ/96分/2.0ch/原題:Rockfield:The Studio on the Farm)
監督:ハンナ・ベリーマン
撮影:パトリック・スミス
編集:ルパート・ハウスマン
音楽:アレクサンダー・パーソンズ
出演:キングズリー・ウォード、チャールズ・ウォード、オジー・オズボーン、ロバート・プラント、リアム・ギャラガー、クリス・マーティン、ティム・バージェス、キム・カー
日本語字幕:大塚美左恵
配給・宣伝:アンプラグド