上映 MOVIES

SUB MENU

RED SHOES/レッド・シューズ The Red Shoes: Next Step

上映中~4月17日(水) ※休映日あり

© 2023 One Tree Productions

日時

上映中~4月17日(水) ※休映日あり

料金

一般¥2,000/シニア(60歳以上)¥1,300/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳)¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/障がい者割引¥1,000/UPLINK会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINKユース会員(22歳以下)いつでも¥1,000

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

04.17

詳細 DETAIL

喪失を乗り越えバレエに心の開放を願う少女の物語

本物が魅せる美しいバレエシーンの数々

監督はドキュメンタリー出身で本作が長編初監督作品となるジェシー・エイハーンと、『マッドマックス』でメル・ギブソンの妻役を演じたこともあるジョアンヌ・サミュエル。リアルを追求するために、主演に抜擢されたのは世界最大のバレエコンクールで金賞を受賞したジュリエット・ドハーティ。ライバルのグレイシーを演じるのはローザンヌ国際バレエコンクールにわずか15歳で出場したことのあるプリムローズ・カーン。主人公のダンスパートナーを同じくローザンヌ出場経験のあるジョエル・バークが演じる。そのほか、バレエの国際コンクール等で実績のあるダンサーを起用し、バレエシーンはすべて役者自身が踊っている。
舞台となるアカデミーは、ケイト・ブランシェット、メル・ギブソン、バズ・ラーマン監督らも学んだオーストラリアで最も権威のあるオーストラリア国立演劇学院が使用され、振付師にはオーストラリア・バレエ・カンパニーのプリンシパルであったダニエル・ガウディエッロを招き、圧巻のバレエシーンの創出に成功した。

アップリンクによるストリーミング・マガジン【DICE+】にて『RED SHOES/レッド・シューズ』を紹介!
記事はこちら

【STORY】

もう一度踊りたい──

バレエの有名校に通う才能豊かな若きバレエダンサー、サムは自身がプリマの演目「赤い靴」の公演間際に、常に憧れの存在であった同じくバレエダンサーの姉の訃報を耳にし、ショックのあまり踊れなくなってしまう。精神的に大きな傷を負ったサムは学校を辞め、自堕落な暮らしをしていた。万引きをして200時間の社会奉仕活動を課されたサムは、母親に半ばだまされる形でかつて通っていたバレエ学校で清掃員として奉仕活動をすることになる。はじめは身近にバレエの存在があることにうんざりしていたサムだったが、当時のライバル、密かに恋心を抱いていたダンスパートナー、そして今も変わらず少年少女を厳しく鍛え上げている師との再会を通じて、その胸の奥に再びバレエへの深い情熱が湧き上がってくる。だが、またステージに立つには過去のトラウマが大きな壁となっていた。そんな時、今年も「赤い靴」の公演が決まり、サムの心は激しく揺れ動く。

『RED SHOES/レッド・シューズ』(2023/オーストラリア/英語/シネマスコープ/5.1ch/111分/G)
監督:ジェシー・エイハーン、ジョアンヌ・サミュエル
出演:ジュリエット・ドハーティ、ローレン・エスポジート、ジョエル・バーク、キャロリン・ボック、プリムローズ・カーン、ニコラス・アンドリアナコス、ミエッタ・ホワイト、アシュリー・ロス
振付:ダニエル・ガウディエッロ
配給:彩プロ