上映 MOVIES

SUB MENU

ハピネス

上映中~終映日未定

©嶽本野ばら/小学館/「ハピネス」製作委員会

日時

上映中~終映日未定

料金

一般¥2,000/シニア(60歳以上)¥1,300/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳)¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/障がい者割引¥1,000/UPLINK会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINKユース会員(22歳以下)いつでも¥1,000

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

05.27

05.28

05.29

05.30

詳細 DETAIL

窪塚愛流 、蒔田彩珠 主演。

「下妻物語」の原作・嶽本野ばらが綴る、悲しくて、最高に幸せな7日間のラブストーリー。

余命1週間、残り少ない日々を命の限り輝かせようとする少女と、そんな彼女の夢を全力で支えようと奔走する少年とが繰り広げる純度100%のラブストーリー『ハピネス』。『下妻物語』の作者・嶽本野ばらによる同名小説を篠原哲雄監督が映画化。主演は注目の若手俳優・窪塚愛流と蒔田彩珠。少年の姉・月子に橋本愛、娘の幸せを願う両親に山崎まさよしと吉田羊ら実力派俳優が脇を固める。自分らしく生きるということがどれほど尊くて、ハッピーなことなのか。そんな奇跡のような7日間の物語に、きっと誰もが“ハピネス”に包まれる―。

アップリンクによるストリーミング・マガジン【DICE+】にて『ハピネス』を紹介!
記事はこちら

【STORY】

「私ね、あと1週間で死んじゃうの――。」
恋人の突然の告白からはじまった”ふたりの7日間”は、
悲しいけれど幸福と愛に満ちあふれたかけがえのない奇跡だった。

好きなお洋服を着て、好きなものを食べて、大好きな人と一緒にいたい
出会いは、高校の美術室。
好きな作家の画集を見て、好きな本の話をする…。そんな雪夫と由茉の平凡な日々は、「私ね、あと1週間で死んじゃうの」という由茉の突然の告白によって一変する。その言葉に雪夫の心は乱れ、気持ちが追いつかずにいたが、彼女はすでに自分の運命を受け止め、残りの人生を精いっぱい生きると決めているようだった。そんな思いを受け止めた雪夫は、彼女との残り少ない日々を精いっぱい過ごすことを決意する。

由茉にはやりたいことがたくさんあった。
今まで人目を気にしてできなかったファッションに挑戦することや、日本一のカレーを食べに行くこと。そして何よりも残り少ない日々をふたりで一緒に過ごし、最期の瞬間までお互いのぬくもりを感じ合うこと。
そんな“奇跡的な日々”を過ごした2人は、間違いなく“ハピネス”だった──。

『ハピネス』(2024年/118分/G/日本)
監督:篠原哲雄
出演:窪塚愛流、蒔田彩珠、橋本愛、山崎まさよし、吉田羊
原作:嶽本野ばら「ハピネス」(小学館文庫刊)
配給:バンダイナムコフィルムワークス