上映 MOVIES

SUB MENU

胸騒ぎ Speak No Evil/GÆSTERNE

上映中~終映日未定

© 2021 Profile Pictures & OAK Motion Pictures

日時

上映中~終映日未定

料金

一般¥2,000/シニア(60歳以上)¥1,300/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳)¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/障がい者割引¥1,000/UPLINK会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINKユース会員(22歳以下)いつでも¥1,000

リンク

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

05.27

05.29

詳細 DETAIL

入場者プレゼント決定!

【海外版ミニポスター(A5 サイズ)】

※配布終了しました

英題「SPEAK NO EVIL」の「O」の部分が、オランダ人夫婦の息子「アーベル」のぽっかり開いた口と重なる印象的なビジュアル。
暗闇から浮かび上がるアーベルの不気味な表情、彼の叫び声まで響いてきそうな“ゾッとする”貴重なミニポスターは、ぜひ手に入れて欲しい。

配布期間:5/10(金)~

※画像はイメージです。
※先着順でプレゼント。数量限定のため、配布期間内でもなくなり次第終了。
※お一人様一回のご鑑賞につき1点の配布。
※数に限りあり。非売品につき、転売不可。


北欧デンマーク発の「最狂ヒューマンホラー」ついに日本上陸!
大ヒットホラー映画を続々と手掛けるスタジオ“ブラムハウス”が
惚れ込み、ジェームズ・マカヴォイ主演でリメイクも決定!

第38 回サンダンス映画祭でワールドプレミア上映されるや「血も凍るような恐怖」(The Hollywood Reporter)、「今年最も不穏な映画」(Cinemacy)と大きな話題になり、本国デンマークのアカデミー賞のロバート賞では11部門にノミネート。さらに、第41回モリンス・デ・レイ・ホラー映画祭最優秀映画賞、第26回富川国際ファンタスティック映画祭最優秀監督賞を受賞するなど映画祭を席巻、世界中を恐怖のどん底に突き落とした北欧デンマーク発の「最狂ヒューマンホラー」がついに日本に上陸する。

本作でメガホンをとったのは、俳優としても活躍するデンマークの鬼才クリスチャン・タフドルップ監督。脚本も手掛けた本作で描かれるのは、ある善良な家族が過ごす悪夢のような週末――。そんな本作を、『M3GAN/ミーガン』、『エクソシスト/信じる者』、『ゲット・アウト』など数々の大ヒットホラー映画を手がけるスタジオの米ブラムハウス・プロダクションが惚れ込み、日本公開に先駆けてジェームズ・マカヴォイ主演でリメイク版の制作も決定した。製作総指揮を本作『胸騒ぎ』のクリスチャン・タフドルップ監督が務め、リメイク版の監督をジェームズ・ワトキンス(『フレンチ・ラン』『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』)、プロデュースを“ブラムハウス”CEOのジェイソン・ブラムが手掛けることも明らかとなっている。ホラーファンは見逃し厳禁の大注目作がついに日本公開となる。

【STORY】
旅先で偶然出会い、意気投合した家族からの招待状。
断りきれない“おもてなし”は、悪夢への入り口だった——。

イタリアでの休暇中、デンマーク人夫婦のビャアンとルイーセ、娘のアウネスは、オランダ人夫婦のパトリックとカリン、その息子のアーベルと出会い意気投合する。数週間後、パトリック夫婦からの招待状を受け取ったビャアンは、家族を連れて人里離れた彼らの家を訪ねる。再会を喜んだのも束の間、会話のなかで些細な誤解や違和感が生まれていき、それは段々と広がっていく。彼らの「おもてなし」に居心地の悪さと恐怖を覚えるビャアンとルイーセだったが、週末が終わるまでの辛抱だと自分たちに言い聞かせる——。

『胸騒ぎ』(2022年/デンマーク・オランダ/ カラー/2.39:1/5.1ch/97分/英語・デンマーク語・オランダ語/英題: Speak No Evil/原題:GÆSTERNE/PG-12)
監督:クリスチャン・タフドルップ  
脚本:クリスチャン・タフドルップ、マッズ・タフドルップ
出演:モルテン・ブリアン、スィセル・スィーム・コク、フェジャ・ファン・フェット、カリーナ・スムルダース
配給:シンカ