上映 MOVIES

SUB MENU

関心領域  The Zone of Interest

上映中~終映日未定

©Two Wolves Films Limited, Extreme Emotions BIS Limited, Soft Money LLC and Channel Four Television Corporation 2023. All Rights Reserved.

日時

上映中~終映日未定

料金

一般¥2,000/シニア(60歳以上)¥1,300/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳)¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/障がい者割引¥1,000/UPLINK会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINKユース会員(22歳以下)いつでも¥1,000

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

06.18

06.19

06.20

詳細 DETAIL

「関心領域」入場者プレゼント配布決定!

【『関心領域』本国ビジュアルポストカードセット】

※配布終了
入場者プレゼントの配布が決定いたしました!
6/8(土)から先着で、「関心領域」の本ビジュアルとオルタナティブビジュアルをあしらった、【『関心領域』本国ビジュアルポストカードセット】をプレゼントいたします。


第96回アカデミー賞 国際長編映画賞・音響賞受賞

第76回カンヌ国際映画祭 グランプリ受賞
第81回ゴールデングローブ賞 作品賞(ドラマ部門)ほか3部門ノミネート

アウシュビッツ収容所の隣で幸せに暮らす家族がいた

本作はイギリスの作家マーティン・エイミスの同名小説を原案に、『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』(13)のジョナサン・グレイザー監督が10年もの歳月をかけて映画化したもの。製作は、昨年度のアカデミー賞で作品賞ほか最多7部門を受賞した『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』や、本年度のゴールデングローブ賞でも本作他4作品がノミネートされ近年の賞レースを席巻している映画スタジオ・A24。

「The Zone of Interest(関心領域)」とは、第二次世界大戦中、ナチス親衛隊がポーランド・オシフィエンチム郊外にあるアウシュヴィッツ強制収容所群を取り囲む40平方キロメートルの地域を表現するために使った言葉。映画では、アウシュヴィッツ強制収容所と壁一枚隔てた屋敷に住む収容所の所長とその家族の暮らしを描いている。

アップリンクによるストリーミング・マガジン【DICE+】にて『関心領域』を紹介!
記事はこちら


『関心領域』(2023年/アメリカ・イギリス・ポーランド)
監督・脚本:ジョナサン・グレイザー
出演:クリスティアン・フリーデル、ザンドラ・ヒュラー
配給:ハピネットファントム・スタジオ